about

なぜ オーガニックコットン?

それは10年くらい前
テレビ画面からコットン畑が映し出され
オーガニックコットンの現状が知らされたときに
衝撃がはしりました。

アパレル業界に40年以上もいて
その存在すらも知らなかったのです。

コットンを育てるのに
種はどんどんGMO(遺伝子組み換え)になり
多量の農薬が使われ
収穫時は枯葉剤が撒かれ
農場で働く人たちは健康被害と貧困にあえいでいる

そしてそれが紡がれ布になり染色される過程でも
多くの化学物質がつかわれ
水質汚染は農場にも染色工場のまわりにもあるということです。

そのうえ縫製工場でも児童労働や過酷な労働環境があります。

つかの間のファッションの喜びが
何かの、誰かの犠牲の上に成り立っている環境は
もうやめなければいけないと思いました。


この原点は子供のころにありました。

大阪の繊維街の近くで育ち
コットンのメリヤスの下着は飛ぶように売れていたし
母は絶えずミシンを踏んでいて
私もハギレでお人形の服をたくさんつくっていました。



そんな時に「アンクルトムの小屋」という
アメリカのコットン畑が舞台の
黒人の奴隷の少年の成長物語に感動し

高校性の時に友人と観た
「風と共に去りぬ」のコットン畑が強く印象に残りました。



高校を卒業するころ
母にデザイナーになりたいと伝えたところ
大変喜んでくれて
実は祖父は仕立て屋さんで
最初は軍服を作ったりしていたらしいのですが
一旗揚げるためにハワイに行ったという話をしてくれました。

もしかしたら今のアロハの誕生にかかわっていたのかもしれません。



専門学校で洋服の基礎とデザインを学び
デザイナーになるために上京し
セツ・モードセミナーでデザイン画を学びながら
とあるメーカーでデザイナーとして働き始めました。

しばらくして高田ケンゾーさん、三宅一生さんがパリコレデビューされ
次いでコムデギャルソン、ヨウジヤマモトがパリで大ブームを起こし
日本のデザイナーが世界を変えるまでになりました。



デザイナーとしての私はカネボウで働いたり
友人とマンションメーカーを立ち上げて失敗もしました。

原宿にお店を持ったこともありました。

その後企画会社で大手の外注デザイナーをしていたころ

時代はバブルの真っただなか
大量生産、大量消費、
在庫は焼却という過程を目の当たりにし
デザイナーとしての虚しさから
服を作ることから遠ざかっていきました。

結婚して子育てもあったので
家庭でできる仕事として服の直しの仕事をはじめました。

以前仕事をしていた企画会社の紹介もあり
あこがれのコムデギャルソンとヨウジヤマモトからの
お直しの仕事が面白くなってきたころ


オーガニックコットンと出会いました。


私がかつて知っていたコットン畑には農薬はありませんでした。


20世紀の間にどんどん自然栽培のコットンは減っていきました。
コットンを育てるにはとてもたくさんの人手がいるので
産業革命以降
需要と供給の関係から
機械化と科学の進歩に傾いていった結果
コットンは化学物質だらけになり
もはや天然繊維とは名ばかりになっていました。


コットンは農産物です。
アメリカ大陸で4500年くらい前から栽培されていたことが分かっていて
最初は家畜のエサだったり薬草として使われ
繊維として使われるようになったのは
もっとずっと後のことだということです。
なぜ オーガニックコットンで シャツなの?

have on herb   (ハーブ = コットンを着る)

ストレスの多い今に生きるかたがたの日常を衣服でささえたい

まずは1枚のシャツから・・・



シャツの起源は古代ローマのチュニックで
二枚重ねでスリットがありました。
絵画で見るシーザーや元老院の衣装で
貴族は丈が長く
一般はひざ丈で帯で巻いて着用し
中世までは袖のあるものはあまりありませんでした。

中世になり釦、衿、袖口ができ、まだ上流階級だけのものでした。
ルネサンスにはフリルやスリット、前立てもできました。

19世紀に現代シャツの形式が確立し
広く民衆に定着しましたが
ブリーフが出来るまでは下着でした。

そして20世紀に多様化しヨーロッパから全世界へ広がり
人類の共通的な衣類になりました。

日本には江戸時代のおわりから明治時代の初めころに伝えられたようです。



このように長く変化をくり返しながら
私たちによりそってきたシャツは
フォーマルからビジネスシーン
そして日常着にまで
それぞれの場面で着用されます。

私がお直しをさせていただいて早30数年がたちました。

その間直した衣服は80000枚を優に超えます。

この経験をフルに生かして

ヨウジヤマモト 、コム・デ・ギャルソンともコーディネイトできるように

シルエットがきれいで縫い目にもこだわった仕立てのいい

オーガニックコットンのオーダーメイドシャツ

have on herb



基本のパターンをあなたのからだにそうように
あなたの個性が引き立つように
カスタマイズしてお届けします。

でも、どんなに大切に着ていただいても
破れたり汚れがとれなくなったりすることがあります。
そんな時、あきらめないでください。

パターンと生地は保管してあるので
破れを修理したり
衿や袖口を取り替えたり
大胆にリメイクしたり

何度もよみがえる

“永遠のシャツ”です。

   
素肌に着るシャツが化学物質だらけでいいのでしょうか


アトピーや化学物質過敏症に悩んでいる人が増えています。
最近では経皮毒ということも言われ始めました。
皮膚から入った化学物質はわたしたちのからだにためこまれて
食べものとちがいかんたんには外に排出されないようです。


食べものや肌をケアするのには気を使っているけれど
ことファッションとなると
その素材や背景にまで気をつけている方はまだ少ないようです。

しかし毎日衣服は着ます。



あなたがいつまでも健康な心と体で

ていねいな暮らしのお手伝いができたらと思っています。


    have on herb
 (ワンアンドオンリー)
金子優子